読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノスケユウキは考える

~いろんなこと考えるよ~

「珈琲神事」に「神社カフェ」!その内容と目的とは!?

f:id:nosukethinking:20150730184750j:plain

神社やお寺というのは神聖な感じがしますね。「ザ・日本」とはこのことです。

住職や神主さんなどはきっと真面目そうでもはや冗談が通じないんじゃないかと

思う時もあります。

ですがここ最近、神社・お寺の動向がぶっ飛んでいますね(笑)

お寺で合コンの「寺社婚」や「坐禅婚」はテレビでも取り上げられていると思います。

まぁこれは縁結びの力が働きそうでいいですね。

またお経をラップで言うDJ住職さんも登場しています。

神の冒涜にならねぇのか(笑)と思いましたけど面白そうですね。一度生で見てみたい。

このように様々な挑戦をして人を集めて神社やお寺の理解を深めようとしています。

 

前置きが長くなりましたね。

全てはこの記事を見つけたからですよ。

 

www.excite.co.jp

 

上記の記事の写真から見えるでしょう。異様な光景を・・・。

僕はコーヒーが好きなためつい取り上げたくなっちゃいました。

今回はこの「珈琲神事」を見てみましょう!

 

備前國總社宮は復活したもの!

問題の神社の名前は備前國總社宮(びぜんのくにそうじゃぐう)。

岡山県岡山市中区にある神社です。

この神社、1992年に放火され焼失した経験があります。

ですが再建され、2010年には本殿が完成しました。

2015年の4月にはプロジェクションマッピングをやったようです。

焼失という悲劇から再建され、「復活祭」を行った時にプロジェクションマッピング

したんですね。

またジャズは登場、有名レストランが出店したようです。

ふむ。にぎやかで楽しそうなお祭りですね。

こんな歴史を持ちながら今の備前國總社宮があるわけです。

 

「珈琲神事」をやり始める備前國總社宮

そんな中、2015年7月31日から

神前でコーヒーをドリップする「珈琲神事」をメインとして

「神社カフェ」をやるそうです。

おいおいおいと思うのは僕だけか(笑)

「神社カフェ」は神前でお供えしたメニューをいただきます。

ありがたいものですね。

メニューは

「撤饌コーヒー」(無料)

「撤饌ショコラ」(300円)

「撤饌かき氷」(500円)

「撤饌カレー」(1000円)

などあります。

撤饌(てっせん)とは神様にお供えしたものを少しいただくということです。

にしてもコーヒー無料ってすごいですね。

ってタダだからって理由で行くのは罰当たりですね。

 

また7月31日に作家の吉本誉絵さんによる「平安と大祓神事」をテーマに

トークショーを行うそうです。

そして会期中は境内敷地内で夜間ライトアップする「幻想神社」も開催します。

きっときれいでしょうね!

 

「珈琲神事」の目的

でも型破りな神社だと思いますね。どうしてそんなことをするのか。

神社側の目的は神社や神事になじみない人たちに

神事の参加と理解を深める機会を提供することです。

僕も神事というのはやったことありませんし、やりたいと思ったこともありません。

なんか面白くなさそうっていうのがあります。

(楽しむものじゃありませんけど・・。)

ですが「珈琲神事」の内容は

 

身を清める修祓→コーヒーの抽出器具、コーヒー豆、水、参列者を祓う

神様に供える献饌→コーヒーをドリップして神様に供える

祝詞奏上→珈琲神事の祝詞を奏上する

撤饌→神様のおさがりをみんなで少しいただく

 

という流れです。これなら面白そうですし、やってみたいですね。

そして撤饌コーヒーをいただくことは神様からの力をいただくことです。

いいことが起こるかもしれませんね。

この「珈琲神事」で神事に参加し理解が深まるという目的が果たせそうです。

 

今日の考える~お互い得しよう~

一見どうしたんだと思えるような内容でしたがちゃんと意味がありましたね。

「珈琲神事」も結局は寺社コンやDJ住職などと同じように

一般の人に興味、そして理解を深めてもらうことが目的です。

これからはもっと何らかのコラボ?が増えそうですね。

 

備前國總社宮のような試みが成功するには

僕らがその情報を見て行くという行為は必要になります。

その中で大切なのはその情報を見るという行為じゃないでしょうか。

行く前に知ってなきゃいけませんからね。

せっかくインターネットがあり手軽にいろんな記事を見れる環境であるのに、

見ないというのはもったいないです。

そのせいで自分だけでなく情報発信している相手側も損してしまいます。

・・って情報を見ようぜっていうのは前にも書いたような気がします。

考えたこと・・・となりますと上記の内容のように

「インターネットを使っていろんな情報を見た方が得する」

ということになりますね。

ただ得するのは自分だけでなく相手側もいる可能性があるということです。

備前國總社宮の例であれば神社側は人が来てくれれば目的が達成できる。

来た人は興味を持てるしコーヒーも飲めるなどなど。

Win-Winの関係になりましょう(笑)

今日はここで終わらせていただきます。最後までありがとうございました。

 

 

今日の記事を書くに当たって下記のサイト様を参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

神前でコーヒードリップする「珈琲神事」!? 岡山・備前国総社宮で神社カフェ7月31日オープン - エキサイトニュース

備前国総社宮 - Wikipedia

「スマホおおはらえ」の備前国総社宮で、お祓い&神前でドリップしたコーヒーがいただける『珈琲神事』を毎日挙行!ドリンク無料の『神社カフェ』が期間限定でオープン。 : ニュースリリース : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

焼失の悲劇から美しく蘇った岡山「備前國總社宮」復活祭。プロジェクションマッピングや神社バルも|ローカルニュース!(最新コネタ新聞)岡山県 岡山市|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する