読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノスケユウキは考える

~いろんなこと考えるよ~

人生充実する?好きなことを継続して得られるメリット5つ考えた!

f:id:nosukethinking:20150825145008j:plain

おや、今気づいてみたらブログ更新一か月以上経ってるぞ。

自分なりによく続いたなぁって思います。

これからもがんばって続けていきたいですね。

 

実は僕は興味を持つことが少ない方なんですよね。

しかし興味を持つことだととことん続ける方です。

そうなるとブログは僕自身が興味を持って長く続けられそうだと思います。

失踪はしないようにします(笑)

 

物事何かしら継続してやること自分自身にとって大きな効果があります。

今回は特に好きなことを続けることに関して

どんなメリットがあるか自分なりに考えてみたいと思います。

 

 

好きなことを継続することで得られるメリット

こんな効果があるだろうと自分なりに5個挙げてみました。

 

1:その方向へのプロフェッショナルに近づける

趣味でも仕事でも続けていればそのことに慣れていきます。

慣れればその道のプロへ近づける第一歩になります。

なぜなら慣れなければ初心者から抜け出すことは出来ないからです。

もちろん慣れても途中で止めたらプロから遠ざかりますよ。

 

 

2:幸せを感じることが出来る

続けることで何かしらの成果を得ることは必ずできます。

筋トレにしても筋肉がつきますし、ゲームにしても上手くなります。

ブログだとアクセス数ですかね。

で、そのような成果を得られると嬉しいですよね。

嬉しさを感じたならその瞬間幸せを感じることが出来ます。

 

3:諦めることが少なくなる

どんなに好きな事でも途中で中だるみすることがあると思います。

そんな時でも続けてみましょう。

するとまた好きになり続けることが楽しくなります。

なぜならいつかは成果が得られますから。

そしてこの経験をしていれば他のどんなことでも諦めることが少なくなります。

なぜなら続けていれば自分にメリットがあると思うようになるからです。

「続けていればきっといいことあるさ!」と思えるようになりますよ。

その気持ちがモチベーションとなります。

 

4:課題解決能力がつけられる

継続していれば必ず「壁」が立ちはだかると思います。

ブログの場合ですと「どうやったらアクセス数を伸ばせるか」

筋トレですと「どうやったもっと効率的筋肉がつけられるか」

そしてゲームでも「どうやったらスコアを伸ばしたり、タイムを縮められるか」

などといった課題にぶつかると思います。

そしてそれを解決する方法を考えます。

試行錯誤で試して失敗してまた新しい方法を試す。

そしてどんなに小さくても成果が得られる。

このように継続することで目の前の課題を解決する能力が得られます。

 

5:人生が充実する

おそらくこれが大きな効果だと思います。

1~4の項目の体験を味わえたら楽しくならないですか?

 

日に日にどんどん上達していく自分を感じる。

 

成果を得られて「やったぁー!」と思う。

 

どんなことでも続けることでメリットがあるように思い諦めなくなる。

 

課題を解決しようと努力する。解決したらとても嬉しい。

 

こんなことを毎日味わえたら人生退屈しませんね。

継続はあなたの人生を充実させます。

 

 

以上5個のメリットでした。

これ以外にもたくさんあると思いますよ。

ただ僕が思いつかなかっただけです(笑)

 

今日の考える~自分のブログの場合~

僕はブログを続けて楽しいです。

アクセス数が増えたり

コメントをもらったり

星をもらったり

ブックマークをもらったりしてテンションがアップします。

めっちゃ嬉しいですからね。

また読者登録が増える時はとても幸せを感じます。

「うおっしゃー!!」って心の中で叫びますよ(笑)

 

5項目がちょっと読みにくい文になってしまったと思います。

このように今の僕はまだ文章能力が未熟です。

もっとわかりやすく伝えることが出来るんじゃないかなぁ~って

ちょくちょく思ったりします。

なので一つの課題として文章力を上げることが挙げられますね。

 

そしてアクセス数のことですがこれは上昇傾向にあります。

今後の伸びることを期待しています。

伸びなくなったら対策を立てるつもりですけどね(笑)

 

とりあえず何でもいいので好きなことを続けてみてください。

きっといいことありますよ。

継続は力なりって言いますからね。

だからといって人に迷惑かけることを続けちゃいけませんよ。 

 

 

今日はここで終わりにしたいと思います。

最後までありがとうございました。