読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノスケユウキは考える

~いろんなこと考えるよ~

楽しいと嬉しいの違い!どっちがより幸せを感じるか考えた

f:id:nosukethinking:20150908122259j:plain

どうもノスケユウキです。

台風が近づいているためか昨日と同様天気が悪いですね。

朝起きて曇りだとテンションが下がるものです。

 

朝目が覚めて窓を覗いた時、

目の前に晴天が広がっていたらどれだけ嬉しいものでしょうか。

夏だと暑いけど今はそんなの関係ありませんな。

暑くなると今度は曇りを願うようになるかもしれないけど。

 

さて、晴天だと「嬉しい」ということで

今回は「楽しい」と「嬉しい」の違いを考えていきたいと思います。、

 

いや~書いていてふと疑問に思ったんですよね。

この二つはどう違うのかな~って。

 

 

「楽しい」は簡単に味わうことが出来る

「楽しい」時ってどんな時でしょうか。

面白い映画や動画を見た時は楽しいですね。

好きなマンガや小説を読むときやゲームをする時も楽しいですね。

趣味に没頭していてもその時間は楽しいのかもしれません。

 

f:id:nosukethinking:20150908122337j:plain

 

楽しい時って結構ありますし再現しやすいですね。

具体例がもっとあると思いますが

「嬉しい」に比べて簡単に味わいやすい感情だと思います。

基本自分が好きなことをしていれば楽しいという時間を過ごせますから。

 

「嬉しい」時を味わうのは難しい?

今度は「嬉しい」時はどんな時でしょうか。

ブログのアクセス数が昨日の倍以上伸びた時は嬉しいですね。

テニスやサッカーといった試合で勝ったら嬉しいですね。

天気が晴れたら嬉しいですね。

難しいゲームをクリアした時は嬉しいですね。

 

f:id:nosukethinking:20150908122410j:plain

 

これらの例を考えてみるとやっぱり「楽しい」より「嬉しい」時の方が

味わうのが難しいですね。

ブログのアクセス数を伸ばすのは上手い人は別ですが難しいと思いますし

(特に昨日の倍なんて・・・)、試合で勝つのもそうですし天気が晴れるのもそうです。

難しいゲームをクリアなんて努力せなできませんからね。

裏ワザやチート使ってクリアしても嬉しくないですし。

 

どっちがより幸せを感じることができる?

さて、「楽しい」と「嬉しい」、僕なりに分析してみましたが

どちらがより幸せを感じることが出来るのでしょうか。

「楽しい」時が幸せなのか、

それとも困難な「嬉しい」の方がより幸せを感じることができるのか。

 

僕としての答えはより幸せを感じるという点では「嬉しい」の方だと思います。

努力して得られたものが「嬉しい」の場合の方が多いからです。

(天気が晴れるとかは違いますね。努力関係ありませんし)

ですが「楽しい」との差は歴然の差、というわけじゃないと思います。

 

僕が一番嬉しかったときは中学の時の卓球の大会ですね。

卓球部としてレギュラーで団体戦に励みました。

勝ち進み次の相手が市内で2位や3位をとっている強豪でした。

ですが僕はそれに勝ってチームに貢献できたのです。

あの瞬間が一番嬉しくて幸せを感じたなぁ。

 

ですがそれが圧倒的に「楽しい」より幸せだった、というわけじゃありません。

好きなことしている時は楽しくて、幸せでした。

その幸せは「嬉しい」時の幸せと大差はありません。感覚的に。

 

なんででしょうね。

「楽しい」と「嬉しい」は字は違うけれど

同じ感情から湧き上がるものだから、というわけですかね?

言葉では表現できない何らかの感情から、

場面の違いによって「楽しい」や「嬉しい」という言葉で表現されるのでしょうか。

そうなるとどれも幸せを感じるという点では優劣はないということになりますね。

まぁ嬉しい時の方が少し上だと感じますけど・・。

 

楽しさを感じるゲームと嬉しさを感じるゲーム、どっちをやりたい?

今思って見たことですがどちらのゲームをやりたいですか?

選べない、分からないという人はおそらく後者の「嬉しさを感じるゲーム」というのを

想像できないのかと思います。

 

「嬉しさを感じるゲーム」って何でしょうか。

嬉しい時ってどんな時がもう一度振り返ってみましょう。

例えば試合で勝って嬉しかった。

じゃあこれを再現するようなゲームとします。

コンピューターと対戦して勝てるようなゲームとなります。

 

あれ?これって普通のゲームじゃないですかい。

じゃあ「楽しさを感じるゲーム」ってなんだ?

普通にプレイして楽しめればいいんですよね。

自分の好きなジャンルのゲームがそれですね。

また快適にプレイできればいいですよね。

ってこれも普通のゲームじゃん(笑)

 

ゲームには楽しい時と嬉しい時の両方を味わうことが出来るかもしれません。

そしてそれはゲームに限らないことだと思います。

無論どちらかしか感じないものもありますが・・。

 

ここで言いたいのは「楽しい」と「嬉しい」を同時に味わえばより幸せを感じることが

できるのでは、ということです。

単純に幸せと感じる瞬間が増えますし、

両者の感情が合わさったら足し算みたいでより幸せを感じるんじゃないかなぁ。

 

今日の考える~まずは楽しい時を増やそう~

以上、僕が考えたことをずらずら書いてみた記事でした。

これは哲学にいってるのか?

だとしたら哲学って興味深く、そして面白く、難しいですね。

(本物の哲学はレベルがこんなもんじゃないですけどね)

 

僕の意見に沿っていけば、

今不幸だとか落ち込んでいる人は「楽しい」を見つけましょう。

自分の好きなことをやってみれば楽しくなりますよ。

ただ一個だけじゃ終わった後の喪失感がハンパないですね。

また好きなことといっても手軽にできないとかの人もいると思います。

 

そんな人は好きなことを見つけてみるしかありません。

身近にあるものを「楽しい」って感じるものがあればいいですよね。

難しいかもしれませんが、幸せを感じる方法としては一番手軽だと思います。

ある程度の努力は必要ですね。

「幸せは歩いてこない」って歌でもありますから。

だから自分から近づくよう少しは努力せねばいけません。

 

 

ともあれこの記事で何らかの形で役に立ったのなら幸いです。

最後までありがとうございました。