読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノスケユウキは考える

~いろんなこと考えるよ~

今では笑いのネタである体育祭の嫌いな競技の改善方法を考える

f:id:nosukethinking:20151008224859j:plain

ブドウうまい。好きな果物の一つなんですよ。

そんなブドウを食べながらブログを書いています。

木曜日はいつも遅くなるなぁ。

 

どうもノスケユウキです。

前回は合唱祭の練習について書かせていただきました。

 

nosukethinking.hateblo.jp

 

今思うとなんでこんな記事を書いたのでしょうかね?

でも後悔はしていない。

公開はしちゃったけど。

 

・・・すみません。つまらないギャグはもうやめます。

木曜日はどうもテンションがおかしいですね。

 

で、前回合唱祭の練習を書いたので今回は体育祭について書かせてもらいます。

これも・・いい思い出ではありませんなぁ・・。

 

 

嫌いな競技

体育祭でも全部が嫌いってわけじゃありません。

二人三脚とか好きでしたよ。

綱引きも面白かったです。

 

では嫌いな競技はなんなのか。

3つあります。

それは

 

・組体操

・リレー

・大縄跳び

 

この3つはダントツで嫌いです。

もうやりたくはありませんな。

 

なんで嫌いなのか

合唱祭と同じようにどこが嫌いなのか書いていきます。

なんか書いてみたらほとんど似たような理由になった気がしますが・・。

 

1:つまらない

やっててつまらないんですよこれら競技。

魂が燃えないんですよ。

意味がなかろうが面白ければいいのに。

 

特に組体操。これはつまらなかったですよ。

というよりか見ている方は面白いんですかね?

 

僕の中学では男子は組体操、女子はソーラン節と決まっていました。

理由はわかりません。組体操が男っぽいみたいなものなのでしょうかね。

ぶっちゃけソーラン節の方がやってる方も見ている方も面白いです。

いい曲じゃないですか。ダンス綺麗だし。

そっちやりたかったですよ。

そういえば今ピラミッドの段数が制限されているんでしたっけ?

 

2:失敗が怖い

僕が嫌いな3つの競技は失敗すると周りに迷惑がかかるものです。

組体操は一人が失敗すればみんな崩れる。

リレーも一人がバトンミスすればそのクラスは負け。

大縄跳びも一人がひっかかるとそのクラスは負け。

書き忘れましたがリレーと大縄跳びはクラスでやるものです。

 

失敗すると周りの目は怖くなるものですよ。

運がいいことに僕は失敗はしていませんが・・・。

正直心から楽しんでやっていませんでした。

むしろ失敗を恐れながらやってました。

 

綱引きの場合は嫌いではありません。

あれ失敗といっても誰が失敗してるかわかりませんから。

 

一応失敗しても「ドンマイドンマイ!」と励ましてくれる人はいます。

しかし明らかに不機嫌な奴もいます。

そういう奴に限って失敗してもヘラヘラしてんだよなぁ。

ずるいぞそういうの。

 

3:練習がめんどくさい

最後はこんな理由。

練習結構するんですよ。

組体操は練習しなきゃ危ないからって理由はありますけど苦痛ですね。

リレーはまだ練習少なかったから良かったかな~。

でもバトンパスの練習やらされたな。

 

大縄跳びが一番ひどかったですね。

朝と食後の昼休みに練習をやらされました。

合唱祭の練習と同じようにサボれません。

食後の運動は腹壊すんですよ。

 

また練習するたびに失敗する人がいるもんだから、

ピリピリした雰囲気になる時もあります。

いつか学級崩壊するんじゃねぇかと思っていました。

まぁそこまではさすがにならないか(笑)

 

どうすれば良くなったのか?

この3つの競技、どうすれば好きな競技となれたのでしょうか。

 

合唱祭とかぶりますが、クラスの環境が良かったらまずはOKでした。

みんな仲良しなクラスならなんも問題なかったでしょう。

さらにクラスだけでなくみんな仲良しな学校なら組体操も良かったですね。

仲良しまでいかなくても失敗を咎めるような人がいなければいいです。

 

これでまず失敗は恐れることはないでしょう。

でも「つまらない」が解決していません。

おそらく「つまらない」を「面白い」にすれば

最後の嫌いな理由の1つ「練習がめんどくさい」も解決できるでしょう。

 

うーん・・。どうすれば面白くなるかなぁ。

失敗を恐れなければリレーは面白くはなるかな?

大縄跳びと組体操は・・なにしても面白くならなそうだな。

としますとまず大縄跳びはいらないですね。

うん。いらない(笑)

綱引きの時間を増やしましょうぜ。

そしたら手軽に練習できないからいいですね。

 

組体操はソーラン節にしよう。

またはダンスでもいいです。

小学生の運動会を思い出すなぁ。

好きな曲流れればテンション上がるでしょう?

ダンスで決まりです。

 

雑な改善策ですね(笑)

だってこれしか思い浮かばないんですよ。

 

今日の考える~楽しんだ人が幸せ~

合唱祭と同じように体育祭の嫌いな競技も今では恨んでいません。

そこまで嫌な思い出でもありません。

これもまた笑いのネタとなる経験ですね。

 

合唱祭や体育祭について好き勝手書いていきました。

やっぱり僕は集団行動は好きじゃないなぁ。

2~4人ぐらいの集団ならいいんですけど。

クラスや学年で行う行事は好きにはなれませんね。

でも修学旅行は良かったですよ。

 

こんな文句をいろいろ書いていましたが中には

「え?そんなにつまらなかった?面白かったやん」って方、いるでしょう。

そんな人が羨ましい。

僕もそう言えるようになりたかった。

 

要は何でも楽しんでる人が一番幸せなんですよ。

または楽しめることが多い人も幸せなんです。

僕のような好き嫌いが激しい人よりよっぽど幸せだと思います。

 

体育祭の話しを前に友達と話して盛り上がったなぁ。

体育祭や合唱祭の思い出を当時の同級生に会ったら話してみてはいかがでしょうか。

今では懐かしくいい思い出、じゃなくて笑いのネタや話しのネタになりますよ。

それで少しの幸せが掴めたら最高ですね。

 

今日はここで終わりにしたいと思います。

最後までありがとうございました。