読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノスケユウキは考える

~いろんなこと考えるよ~

僕の花粉症対策~病院にいく~

f:id:nosukethinking:20160223112606j:plain

うわぁ・・。この写真地獄絵図じゃないですか。

 

どうもノスケユウキです。

朝目が覚めた時にお腹が痛かったら最悪な朝ですよね。

目覚めが悪いですよ。

 

しかも冬だとトイレでも寒いですからね。

あ、夏だと暑いか。

どちらにせよあまりよろしくない環境で朝過ごすわけです。

もうたまらないね。

 

いきなりこんなことを書いてどうするんだろう。

ん?僕が今日こんな経験したわけじゃないよ。

ふと思っただけです。

さて、前回の記事の最後で花粉が本気出しているとか書きました。

nosukethinking.hateblo.jp

 

なので今日のお題はこちら。

 

お題「花粉症対策」

 

僕の花粉症対策書いていきますよ。

 

 

目次

 

花粉症対策

対策ですか。

簡単です。病院行きます。

そして薬もらいます。

それを使って終わりです。

以上!

 

これ効き目が抜群なんですよ。

錠剤・点鼻液・目薬。

この三銃士が僕を守ってくれます。

名前は忘れたけど。

とくに点鼻液は気持ちいいですよ。

 

空気清浄器もいいよ

あと対策しているといえば空気清浄器ですね。

結構花粉症対策になります。

音がうるさいけどしょうがない。

 

ん・・?もうこれで終わりじゃないか。

 

花粉にもアナフィラキシーショックあるんだね

がんばって尺を伸ばそう。

ウィキペディアで花粉症を見ていてわかったのですが、

まれにアナフィラキシーショックがあるようです。

 

アナフィラキシーショックとは

アレルギーの原因となる物質に触れたり含んだりすると起こる急性の

アレルギー反応ですね。

 

それが花粉にもあるとのこと。

うむ。大量に花粉に触れるのは避けるべきですね。

まぁ「まれ」なんですけど。

 

喘息持ちの方は特に要注意だそうです。

僕も喘息持ちなんだよね。

 

ペットも花粉症になるようです

犬や猫も花粉症になります。

犬は特に症状がひどいようですね。毛が抜けるようです。

そして猫の場合は獣医師による検査や治療が困難であるようです。

そのため近年ではペット向けのサプリメントがあるとか。

 

犬や猫しか触れてないけど他の動物もあるんだろうね。

大変だ。

 

今日の考える~昔は違ったのだ~

子どもの時は花粉症ではなかったのですよ。

みんな花粉症に苦しんでいるけど僕はならないので高みの見物でした。

「大変だなぁ(笑)」と思ってましたよ。

 

春と言えば桜が咲いて暖かい、とても楽しい季節です。

悪い要素なんて一つもないと思っていた時期がありましたね。

 

いつからでしょうか。

花粉症の症状が僕にも出たのは。

もう他人事じゃいられなくなったよ。

春といえば花粉症って思うようになっちゃったよ。

 

どうして花粉症になったのであろうか。

僕が何かをしたのでしょうかね。

 

今日はここで終わりにしたいと思います。

最後までありがとうございました。

 

 

この記事を書くに当たって下記のサイト様を参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

花粉症 - Wikipedia

 

PR

僕はリスピー - LINE クリエイターズスタンプ

広告を非表示にする