読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノスケユウキは考える

~いろんなこと考えるよ~

字が下手だったことについての思い出と字が上手くなる方法

その他

f:id:nosukethinking:20151011145246j:plain

どうもノスケユウキです。

さっきニュースを見ていたらマリオに登場するクリボーという敵は

栗じゃなくてシイタケだということが判明しました。

確かあいつキノコ王国の裏切り者だったからなぁ・・。

それを考えればあいつも一応キノコですな。

 

クリボーのお話はここまでにして、最近字を書く習慣が少なくなっているんですよ。

で、レストランとかの予約票とかで名前書くときとんでもねぇ下手な字になっているわけです。

ただでさえ字が下手だって言うのに・・。

 

今回は字が下手だったことについての思い出と字が上手くなる方法を書いていきます。

 

 

字が上手ければ賞状もらえる

小学生の時に字を上手く書く授業?みたいなものがありましてね。

6Bの鉛筆で文章を書きます。

練習を何枚か書いて本番として清書を出します。

上手い人から金賞や銀賞、赤賞などがもらえます。

これらの賞をもらえれば賞状がもらえます。

金や銀は難しいですが赤はこれらに比べ容易です。

 

当時の僕は賞状が欲しいという願望がありました。

字は上手くないと自覚していましたが下手なりに頑張って書いたつもりでした。

結果・・賞をもらったことありません。

まぁもらえないのも見ればわかりますからね。

上手くねぇんだこれ(笑)

賞をもらった人の字をみればもう違いは一目瞭然だったのです。

 

なので学生時代賞状をもらったことはありません。

いや・・中学生の時大会でもらったことはありましたね。

あれは僕一人の力ではなかったですが・・。

今思えばあの授業めんどくさかったなぁ。

 

字が上手い人は成績が良いと思われる

なんかそういう統計結果でもあるんでしょうかね。

特に中学生の時とかは字が上手い=成績が良いという認識が広まっていました。

確かに字が上手い人では成績が良い人が多いんですよ。

 

もちろんこれは絶対的なものではありません。

字が下手でも成績が良い人はいますし、字が上手くても成績が悪い人はいます。

 

自慢ですが僕は中学生の時は成績が良い部類でした。

まぁ・・字はひどいけどね。

他の中学校もこんな認識あったのかなぁ。

 

字が下手だと人に見せにくい

高校の時とかノートを見せてくれと言われることはあります。

まぁ別にいいんですが・・僕の字が読めるの?と不安になります。

板書する時はもちろん字が上手くはありません。

下手したら自分でも解読しにくい時があります。

それを人様に見せるのはねぇ・・。

そもそも人に見せる用で板書していてるわけじゃないし。

 

大学のテストでもそうでした。

A3の紙に答えを書くものですが、

時間が限られているため早く書かなくてはいけません。

 

見直した時に・・書いている内容は悪くはないんですが字がひでぇと毎回思います。

よく単位もらえたなぁ(笑)

 

上手い字を書けたときの小さな感動

字が下手な僕ですがたま~に上手い字を書けた時があります。

その時は小さな感動を味わいますね。

「おお~!この感動の動の字がすげぇ綺麗!」と授業中で頭の中で叫びます。

その上手い字を見るたびに嬉しくなりますね。

 

なんで字が下手なのか?

字が下手な理由は

 

・才能の問題

・練習していない

・綺麗な書き方を知らない

・手を抜いている

 

で、あるようです。

才能って身も蓋もないですね・・。

手を抜いているというのは本気を出せばきれいな字を書けるということ。

じゃあ真ん中二つの項目をどうにかすればよくなりますね。

 

ちなみに僕の場合ですと全部当てはまっている気がしますね・・。

 

実は前にペン字の練習帳の本を買って練習しましてね。

その時は字が綺麗になったんですよ。

その本の効果は「綺麗な字の書き方を覚える」と「練習」というものでした。

この二つを一気にやった結果少し綺麗になったのです。

 

しかし最近やっていないためまた下手になりました。

綺麗な字の書き方は覚えていますが「練習」はしていません。

継続しなきゃダメですね。

 

下手でも丁寧に書ける

よく「下手でも字は下手なりに綺麗に書け」という人がいます。

履歴書とかそうですね。

読み手のことを考えて書けよ、ということでしょう。

下手なりに綺麗に書けってなんでしょうか。

 

僕自身の考えですが書くスピードではないでしょうか。

よく僕は字をすごく早く書いてしまうんですね。

でもゆっくり書けば少しは見栄えは良くなるんですよ。

一本一本ゆっくり書けば少しは良くなると思います。

綺麗に書けというよりは丁寧に書け、ですね。

 

それでも自分の字が汚いと思う人は

さっきも書いたように綺麗な字の書き方を覚えて練習してしてください。

ペン字の練習帳的な本を買えば良くなります。

 

努力次第で字が綺麗になるんですよね。

 

今日の考える~上手くなりたいなら行動を~

あれ?最初はこんなこと書く気はなかったんだけどなぁ。

思い出話で終わるはずだったんですが・・。

まぁ愚痴で終わっていくよりはいいか(笑)

 

字が下手だと思っていても現時点より上手くする方法はいくらでもあります。

もし上手くなりたいと思っているなら今すぐに行動しましょう。

ぶっちゃけ字が上手いと得すること多いですから。

だから早く字が上手くなりたいでしょう?

 

そういえば女性で字が下手な人ってあまりいない気がするなぁ。

脳の違いでも関係しているのでしょうかね。

 

今日はここで終わりにしたいと思います。

最後までありがとうございました。

 

 

この記事を書くに当たって下記のサイト様を参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

字が汚い人に多い4つの理由とは?